お土産購入

旦那さんと映画を見るために行った大きなショッピングモール。
なんだかやたら人が多いと思ったら、子どもたちに大人気のキャラクターショーが開催されておりました。
結構日差しが強い中だったのですが、皆さん一生懸命屋外のステージで行われているショーを座って見ておりました。
我が家の子どもたちはもう大きくなったので、見に来ることはもうなさそうですが・・・。

子どもたちは別の用事で、一緒に映画を見に来なかったのでお土産を買って帰ることにしました。
おいしいお菓子でも、と思い、食料品のフロアをまわります。
でもこれが思ったほど何かあるわけではなくて。
珍しいお菓子屋さんみたいなものもあまりなくてなんだかがっかり。
パン屋さんでパンを買おうにも、シンプルなものがなくて断念。

そして別の有名なパン屋さんを覗いたら、お値段びっくり(笑)。
これ近くのパン屋で買った方が絶対いいよ、って。
結局、近くでは買えない、焼きたてのミニクロワッサンを買いました。
あと、話題作りに、近くのお店の倍はしそうなウインナーパンも。

そして、ちょうどやっていた全国うまいもんフェアみたいなところにお邪魔。
宇都宮の餃子や梅が枝もちなどが並んでいます。
梅が枝もちは恐ろしい行列。
旦那さんの実家が福岡なので、手軽に買えるおやつと認識している私たちはとても並べませんでした。
みんなよく並ぶなぁ・・・と感心してしまいましたが、この辺では確かに購入できないものですもんね。

うろうろ回っていると、からあげを発見です。
私は特に食指が動かなかったのですが、旦那さんは「ねぇねぇ、あの唐揚げ買おうよ!」と一生懸命私を誘います。
仕方ないなぁ・・・とから揚げのお店へ。
すると、唐揚げだけではなく、旦那さんの好きな砂肝の唐揚げも置いてありました。
おばちゃんいわく、一日に何回かしか揚げないから、ラッキーよ、と。
普通の唐揚げと、砂肝の唐揚げを買って帰りました。
味はごくごく普通です。
個人的には、ご近所の唐揚げ屋さんで買ったものもあまり変わらない・・と思ってしまいましたが、旦那さんが嬉しそうなのでよしとします。

パンとから揚げという、当初予想もしなかったお土産ですが、子どもたち喜んでくれるといいな、と思っています。

This entry was posted in 日記 by .

バイオハザードを見ました。

今日は旦那さんと映画を見に行ってきました。
バイオハザードの最新作、バイオハザードV・リトリビューションです。
バイオハザードシリーズは大好きで、今の所欠かさず見ています。
そもそもの出会いは、サターンで発売されたバイオハザード。
当時の彼氏と一緒に必死になってクリアしたのでした。
なんせ、攻略本を買うなんて言う頭はまったくなかったので、とにかく地味にセーブしながら進んでいくしかなくて、恐ろしく長時間かかった記憶があります。
怖かったんだよね、一番最初が。
この先に行くとゾンビがいる、ってわかっているのに行かないと話が進まないというね。
コントローラーを使うのが苦手だった私は、とにかくすぐに振り返って走って逃げる練習をかなりしたものです。

そんな感じなので、今でもへたくそ。
旦那さんの代わりに進んで、と言われても壁に頭を擦り付けながら進むしかできないので「デコの皮が何枚あっても足りない」と毎回笑われるほどなんです。
そんな感じなので、ゲームをするのはダメだけど、見るのは大好き。
当然映画も好きなんです。
最近バイオハザードも3Dなので、さらに迫力満点です。

前回から東京が出て来ているのでまた面白いです。
いったいどこまで続くんだろう、と思いながら見ているのですが、今回もファイナル、といった感じではなかったですね。
ただ、今回の映画は、ゲームをやっている人なら嬉しくなるくらい、いろんなキャラが出て来ておりました。
一緒に見に行った旦那さんと二人で「あのエレベーターはどれに出ていた」とか、「ダレダレはどのシリーズに出ていた」とか、あとで大盛り上がりしました。
映画のレビューはあまりよくないものが多いけれど、ゲームから入って、ゲームをしながら映画を見ている人は結構楽しめるんじゃないかなと私は思っています。

それにしても実際こんなことが起こったら、自分は対応できるんだろうかと思います。
エイリアンとかゾンビものの映画は昔からあります。
そういうのを見ながら、もし今入ってきたら自分はどうするべきか、なんて家の間取りを見ながらシュミレーションしていた小学生時代の自分をふと思い出してしまいました。
実際は窓から飛び降りることさえもできなそうだけど・・・(笑)

This entry was posted in 日記 by .

80歳台の現役体操選手おばあちゃんが凄い

人間はどんどん衰えていくのはしょうがないこと。スポーツ選手の多くは30歳代がピークともいわれており、その後は下降の一途だそうです(例外的なスポーツもあるようですが)。

運動機能が低下するのは仕方が無いとはいえ、おじいちゃんやおばあちゃんになっても元気に動き回れるくらいの身体機能は持っていたいものです。あれができない、これもできないと感じるのは辛いでしょう。

でも、世界には歳をとってもものすごく元気な人もいるもんですね。今年の3月にドイツで行なわれた体操大会では、あるおばあちゃんが出場して話題を呼んだそうです。

出場した女性は、ヨハンナ・カースさんで、年齢86歳。平行棒と床運動において華麗な演技を披露し、会場から拍手喝采を受けました。柔軟な動きから倒立や側転といったアクロバティックを行なったヨハンナさん。そんじゃそこらの若者には負けないほどの身体能力でした。

彼女が体操をはじめたのは30歳から。一般的に体力が衰えはじめるといわれるころにはじめ、それから50年以上も続けているというのですから本当に驚きです。トップアスリートと比べれば、そりゃあ大きく劣るかもしれませんが、スポーツを楽しみ、自身の限界に挑戦するという点においては、年齢は関係ないということを証明しているようです。

こんな元気なおばあちゃんがいることを知ると、20代30代で「もう歳だなぁ」と言い、疲れきっている人を見ると本当に情けなく感じてしまいます(私も情けないうちの1人ですけどね)。

やはり体を動かすことは大切。いつまでも元気でいるためには、スポーツが最適なんでしょうね。私はいつまでも元気でいたいです。一生健康でのびのび生きるのが人生目標です。そのためにも何かスポーツをはじめるとしましょうか!

This entry was posted in 毎日 by .

遠距離でも大丈夫

私の今の彼氏との出会いは、いわゆるお見合いパーティーというものでした。

そもそも私がパーティーに参加することになったきっかけは、元カレとの別れでした。
4年半も付き合った彼氏の浮気が発覚し、私はそれを許したにも関わらず、彼氏は浮気相手の女性を選ぶという何とも間抜けで情けない別れでした。
しかも25歳から29歳というまさに適齢期を一緒に過ごした相手です。
結婚を意識していたのは私だけでなく、私の両親もまた彼との結婚を楽しみにしていたので、家族全員とてもショックを受けることになりました。

それから始まったのが、両親からの強烈なプレッシャーです。
おそらく私が傷心から癒えるには、新たな恋を始めるのが一番だという気持ちもあったのでしょう。
私自身もそんな両親の気持ちが痛いほどよく分かっていましたので、たとえ相手が見つからなかったとしても「婚活をしている」という事実が両親を安心させるのではないかと思い、参加することにしたのでした。
ネットで色々調べて↓のサイトを見つけ、申込をしました。
http://www.dragoncity.ne.jp/

とはいえ最初の数回は、散々な結果でした。
初めてのお見合いパーティーでは、相手の男性の顔と番号が一致せず、誰ひとりとして最後のアプローチカードに番号を書くことができませんでした。

そして2回目はメモ書きをちゃんとすることを覚えたのですが、今度はメモを取ることに必死になってしまい、まともな会話をすることが出来ないという、本末転倒な結果に。

2回も上手くいかないと、3回目に参加しようという気持ちにはなかなかなれないものです。
けれど私の友人が、「3度目の正直というじゃない。もう一度だけ頑張ってみれば?」というので、これで上手くいかなければ暫くはお休みしようという気持ちで参加しました。

そんな比較的軽い気持ちで参加したからでしょうか。相手に出会えなければそれでもいい。失敗したら、それはそれまで。そんな風に思っていたので、あまり気負うことなくリラックスした状態で参加することができました。
そして、見事今の彼氏とカップルに!

ちなみに今の彼氏とは遠距離恋愛です。
彼氏は近い将来故郷に戻るつもりで、故郷の女性との出会いを求めてお見合いパーティーに参加していたのでした。そして出会ったのが私だった、というわけです。
そうは言っても、少なくともあと3年は故郷に戻ることは出来ません。
けれど私は、彼氏のことを信じて待っているつもりです。

「遠距離でも大丈夫」そう思えるのは、彼氏が私を安心させるために毎日電話やメールをくれたり、暇さえできれば会いに来てくれるからだと思います。
今の彼氏に出会えてよかったと、今は心からそう思います。

This entry was posted in 日記 by .

仕事意識の違いから生まれた口論

最近、仕事意識の違いから、同僚と口論になってしまいました。同僚は「汗を流すほど働くなんてやっていられない」と言ったのです。同僚も半ば冗談で言ったつもりだったのでしょうが、その場に後輩がいた手前、勘違いされても困るので、私は彼の言動に指摘しました。これが切欠で口論に。

彼は、どちらかというとプライベート重視の人間です。遊ぶ為に働いて稼ぐといったスタイル。そのため、楽な思いをして働くにこしたことは無いという考えを持っているはず。いえ、これまで付き合ってきた限りでは確実に持っています。

私はというと、仕事にプライドを持って生きています。そりゃあ、多少なりとも遊びはします。ただ、人生の主体はあくまでも仕事。これがぶれることはありません。

このような感じで私と彼の考えは正反対といえます。ただし反りが合わないかといえばそうではありません。彼が仕事上のトラブルを抱えた場合、私が支えることを苦に感じることはありませんし、私が落ち込んでるときに彼は私を元気付けてくれます。これまで私や彼が成長できたのは互いに持ちつ持たれつ助け合ってきたからなんです。

そのため、私は彼の仕事意識を否定はしません。口では愚痴をもらしていても、やることはやっているからです。ただし、彼の言動を聞いた後輩は勘違いしてしまう恐れがあります。「なんだ、そうなのか」と思われてしまえば、彼の悪い面だけを真似して育ってしまいます。私はそれを考えて同僚を指摘したのです。

口論が起きた日の夜。彼から電話が来ました。「今日はごめんな」という内容。彼は私が指摘した理由を理解していたようでした。でも、後輩の手前、引くに引けない感があり、ちょっぴり意固地になってしまったとのことでした。

普段からおちゃらけているどうしようもない同僚。芸能人で言えば高田純次さんくらい適当な性格(笑) でも、根はしっかりしたやつです。だから私も今まで一緒に仕事してこれたんです。

This entry was posted in 毎日 by .

果たして運も実力のうちなのか

私の仕事仲間に、やたらと“運”という言葉を使う人がいます。「今回は運が良かったねぇ」「いやぁ、運が良くて助かったよ」と。その人は決して悪気が合っていっているわけではなく、運も実力のうちと考えているからです。

しかし、本当に運も実力のうちなんでしょうか? 

結論を先に言ってしまうと、私の答えは「NO!」です。

私は運が実力だとはミジンコ程度も思ってはいません。だって、運で何かを得ることができたとしても、何一つ嬉しくないからです。はっきり言って、宝くじで1等が当たり、3億円手に入れても嬉しくありません。

例えば、ボクシング。試合相手はおなかを下しており、へなへなパンチしか繰り出すことのできない状態。その人に勝ちました。絶対勝った人は嬉しくないでしょう。

運が実力と考えてしまうと、それに頼ってしまう自分がいるということではないでしょうか? そして運によって幸せを手にしたとしても、その内手痛いしっぺ返しをくらってしまうもんです。

昔、私の職場にこんな新人がいました。面接官と趣味が合ったことが幸じて合格。でも、いざ働き出すと全然使えないことが発覚。結局その子は3ヶ月くらいで辞めていってしまいました。

所詮、運に頼って得たものなんて安っぽいメッキのようなもの。時間がたてばペリペリ剥がれ落ちてなんでもない自分がさらけ出してしまうもんです。

それに比べて、自分の頭や力で勝ち得たものは絶対です。

結果が得られれば同じというわけではないんですよ。簡単に考えてみてください。テストで5択問題があったとしましょう、運で得られる正解率は20%。答えを知っていれば正解率は100%。そういうことです。

もちろん、「やっぱり運も実力のうちだよ」という考える人を否定したりはしません。考え方は人それぞれですから。

お正月のハワイ旅行に行こう

毎年お正月はごろごろごろごろ…… という具合に過ごしてしまい、なんら実りのない休暇となってしまっています。それも疲れがとれてよいといえばよいのですがね、なんだか勿体無い気がして。

そこで、次のお正月は思い切ってハワイで過ごしてみようかと計画をしています。芸能人の方なんかは、お正月によくハワイに行きますよね? それの真似をしてみようかみたいな感じです。

ハワイには小学生の時に家族で一度行ったことがありますが、もう最高に楽しかった思い出しかありません。海でがっつり泳いで特大のハンバーガーを食べたのが印象に残っています。あと、父がレンタルバイクを借りてタンデムもしました。あれは気持ちよかったですね。

そのときにハワイを堪能して以来、「いつかまた!」と思っていたのですが、それからは一回も行っていません。中学高校と家族で行く機会があったのですが、中学の頃は受験勉強、高校のときは部活を優先してしまったため、私1人家でお留守番し、父と母だけでハワイに行ってしまいました。

まぁ、たまには夫婦で楽しんでよっていう子どもながらの気づかいもあったわけですけどね。自分で言うのもなんですが、できた子どもだったでしょう(笑)

そして今は私も自立してそこそこの収入もあるわけですからね、今度は1人でハワイに行こうって考えたわけです。

1人で行くといっても、向こうには私の知り合いが住んでいるので寂しくはありませんよ。前に一緒に働いていた同僚が今ハワイに住んでいるのと、高校のときの同級生がハワイで働いています。なので、前々から「遊びに来なよ!」とは言われていたんですよね。

今年のお正月は彼らのお世話になるとします。滞在費が節約できるのでラッキーです。あ、でも日本でお土産を買っていってあげたいから、結局はどっこいどっこいかも(笑)

呼吸を数えて落ち着こう

仕事をしていると、時には感情を抑え込まなければいけません。上からの理不尽な要求に下からの愚痴。私は常に間に挟まれがち。感情を抑えるばかりでストレスも溜まってしまうってもんです。

「働くことは我慢すること。会社に勤めるならなおさら」とはよく言ったもの。我慢するのも仕事のうちっていう考えが分からないわけではありませんが、それが当たり前のように言うのはどうかと私は思います。

そんなことを心でつぶやきながらも、結局は立派に我慢をしている私。自分がたまに嫌になることもあります。我慢することを否定しながらも我慢をしている自分が情けなくて……

ま、そんな感じで苦悩しながら働いている人は多いんじゃないですか? でも、稼がないと生きていけませんからね、しょうがない(笑)

私は神経質な人間なものですから、ストレスを溜め込みやすくて大変です。なので、気を落ち着かせてストレスを緩和させるために、あることを行なっています。それは、呼吸です。単なる普通の呼吸じゃありませんよ。

吸って吐いてをワンセットにして、1、2、3…… と、呼吸を数えてそれ以外は何も考えないようにするんです。それを落ち着いたと感じるまで続けるだけ。慣れてくると呼吸をしているだけで無心になれるようになるので、数をかぞえなくても大丈夫になります。

息を吸う時は鼻からです。吐く時は鼻からでも口からでもどちらでも大丈夫です。私は鼻から吐いています。

これは、知り合いのヨガを嗜む方に教わった方法です。人間において最も大切なのは呼吸。でも、それはちょっとした外部からの刺激で乱れてしまい、体に悪影響を与えてしまいます。そのため、呼吸を意識的に行い、落ち着かせることで身も心も健康になることができるんです。

こんな簡単なことでいいのかって思うでしょうが、そんなことはありませんよ。何かを考えることよりも、何も考えない方がよっぽど大変なんです。全ての情報をシャットダウンしなければいけないわけですからね。

でも、無心になることができれば、効果覿面ですよ!

1週間の休みができたらヨーロッパに行きたい

私は仕事がら、長期の休みは滅多にありません。通常は週休1日。運がよければ2連休。それくらいが最高ですかね。週休0なんて時もよくあります。ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始休みなんてのは、私の知らない世界です(笑)

でも多忙の私ですが、たまぁ~に長期の休みができるときがあります。仕事が片付いた時にリフレッシュ休暇を得ることができるんです。それを使うか使わないかは自分次第なんですが、うまいこと溜まれば年1回くらいは1週間まるまる休むことができます。

それで、今年は休暇返上で休みを貯めて、海外旅行に行きたいなと計画しています。場所はヨーロッパです。

ヨーロッパは私の憧れの地なんですよね。社会人になる前、大学の卒業旅行でイギリスに行ったのですが、それ以来ヨーロッパの魅力に取り付かれているのです。のどかな風景も、活気ある市街地も、どこも素敵でした。

次に行きたいのは、北欧かイタリアです。北欧ではフィヨルドを見たいです。日本の海岸では決して観られない壮大感が溢れていることでしょう。北極圏にも行ってみたいですね。

イタリアに行くとしたら、芸術に触れ、世界遺産を訪ねたいと思っています。最も観たいのは、シエナという街。ゴシック調建築が美しく、世界一美しい広場と称されるカンポ広場や、その広場や街並みを見下ろすことができるマンジャの塔に上ってみたいです。

大自然を堪能するか、芸術ある土地を堪能するかで、どちらにするか迷うところですね。できれば両方同時に行きたい(笑)

1週間以上休暇を貯めれば可能そうなんですけどね、そうなると今年中は無理かな? まぁ、一変に堪能しても味わいきれませんから、今年は片方だけにして、行けなかった方は来年か再来年の楽しみにしましょう。

すき家のシンプルな朝食メニューに大満足

この間、すき屋の朝食セットが期間限定で格安になっているという話を聞いたので食べに行ってきました。注文したのは、たまごかげごはん朝食。値段は190円! や、安い! そして旨い!

やっぱり日本人の朝食はシンプルに限ります。ご飯に味噌汁、それに、卵やのり、おしんこといったサブ的ものが一品あれば十分。私の最後の晩餐はそれで全然かまいません。

この値段はどうなんでしょうか。正直、自炊するのとほとんど変わらない金額なんじゃないかな。いえ、手間が省ける点を考えたら圧倒的に、すき家のほうがお得って感じがします。

そういえば、たまごかけご飯なんて久しぶりに食べましたね。本当に美味しかったです。昔はよく食べていましたけどね。たまごかけご飯はもちろん、納豆ご飯とか、ふりかけご飯とか。今は全然さっぱり。というか、朝食抜きってことも多いですからね、最近は。

忙しい生活のせいか、朝食はシリアルやらゼリー飲料に頼ってしまいます。これがまずいと言うわけではないんですけどね、なんだか「お米が食べたいなぁ」ってついつい思ってしまうんですよ。日本人の血かな?

飲食店の朝食メニューはシンプルなものが多くて良いですよね。すき家で美味しい思いをしてからというもの、朝食を外食で済ますことが増えました。ファミレスでも目玉焼きとトーストなんていうものが置いてありますからね、いろんなところで食べるのもまた、雰囲気がかわって良いもんです。

昼や夕食タイムになると、豪華で味付けも油も多いものばかりじゃないですか。そういうのに抵抗を感じる人は結構多いですよ。高齢者とか、食事制限をしている人など。そんな人のためにも朝食に出しているメニューを1日中ラインナップに加えればいいのにって思うんですけどね。出来ないのかな?