みなさんは最近怒ってますか?

喜怒哀楽は人間の大きな特徴。感情表現ができる生き物は本当に素晴らしいことです。中には無表情に勤めることが美しいと感じる人もいるようですがね、そんな人が魅力的に見えるのは、フィクションの世界やそれを必要とされる仕事をしている場合に限られます。一般的に暮らしていれば、やっぱ感情を露にする方が魅力があります。

笑って泣いて怒って。明るい感情だけを表すだけではなく、時には悲しんだり怒ることもあります。一見、マイナス的な感情かもしませんが、とても大切な感情なのですよ。

とくに怒り。怒りは人を奮い立たせます。「ちくしょう!」という気持ちが無ければ、人間が成長するバネにはなりません。悔しがって怒っることで、もっと上を目指そうという気持ちに慣れるんです。

私はよく怒ります。といっても他人に当たるわけではありません。世の中の不平不満に対して怒りを感じるのです。そして感じた怒りを自分の中で整理し、スポーツなどで発散するのです。

不平不満を感じるのは良くなといわれています。でも、私はそうは思いません。何事にも疑念を抱くことは必要です。大切なのは、それを抱いたままにすること。抱いたら自分の中で研究し、どうするか考える。それがなければ、確かに不平不満は良くないでしょう。「どうして?」「なんで?」という気持ちで世の中に突っかかることは大切なんです。でなければ無関心と変わりませんからね。もちろん、良いことに対して突っかかることはしませんけど。

世の中に対して以外では、怒るのは好きではありません。対人関係で怒るのは大嫌いです。冗談で怒る真似をしたり、後輩を叱ることはありますが、感情的に怒るのはやはり嫌いです。

何故嫌かというと、誰かに対して怒ると、その1日が台無しになってしまうからです。誰かを怒っても気持ちよくありませんよ。

This entry was posted in 毎日 by .