友蔵さんの声で知られる青野さんが亡くなった

日本の声優、青野武さんが亡くなられてしまいました。死因は大動脈瘤術後におきた多発性脳梗塞だそうです。享年75歳。ご冥福をお祈りします。

青野さんの担当した声として特に有名なのは、アニメ「ちびまる子ちゃん」の友蔵、まる子のおじいちゃん役でしょう。友蔵役は2代目としての期用で、私が子どものころは違和感こそ感じていましたが、15年も担当し今ではすっかり定着していました。現代の子どもたちには印象が深いものだったでしょう。

でも、私が彼における最も印象が深かったのは洋画の吹き替えです。ハリウッド俳優のクリストファー・ロイドさんの吹き替えが特に印象深く、映画「バックトゥザフューチャー」のエメット・ブラウン博士役や「アダムスファミリー」のフェスタ・アダムス役としての声が思い出にあります。その他「ホームアローン」の泥棒役を演じたジョー・ペシの吹き替えなんかも印象深いです。

あとは、アニメ「ドラゴンボール」のピッコロ大魔王・神様・ムラサキ曹長役、「天地無用!」の柾木勝仁・柾木信幸役なんかが私には強いです。こうして振り返ると私の好きな作品ほとんどに青野さんが関わっていたことが分かります。偉大な声優さんだったんですね。

演じる役はどれもユーモア溢れるキャラクターばかり。そのため、愛着も湧きやすく、ファンも多かったことでしょう。まだまだお声を聞きたかったですが「ありがとう」という気持ちをこめて見送りましょう。

声優さんが亡くなると気になるのが、担当していた役を誰が引き継ぐかってところですよね。キャスティング次第ではキャラクターの魅力を大きく上下してしまいますから。

私個人としては、魅力が下がるのはもちろん、上がるのも嫌です。あくまでも前任のイメージを壊さない、違和感の無い方に引き継いでもらいたいなと願っています。

This entry was posted in 毎日 by .