理想の人生像を考えてみた

ライフプランといった大層なものではないのですが、私は密かに人生において望んでいるものがあります。それは、死ぬまで病気や怪我をせずに無事でいることです。

私はこれまで、あまり際立って目立つ病気を経験したことがありません。それがたまたまなのか、健康志向なお陰なのかは分かりませんが、やはり健康体というのは素晴らしいことです。当たり前のように人間的機能を発揮することができるというのは凄いんです。これって感謝しながら生きてもバチはあたりませんよ。

病気は経験ありませんが、怪我はあります。とある事故で右手右足を骨折してしたことがあるのですが、これが一番大きな怪我だったでしょう。できればこの怪我がこの先の私の人生においても最悪の怪我であって欲しいものです。

この怪我のときは本当に不自由な思いをしました。学生時代の怪我だったので、学校に行けないし部活もできないし、日常生活も送れない。退屈で退屈でしょうがなかったです。貴重な青春時代の何ページ分を無駄にしてしまったことか。今でも悔やむべき怪我でした。

そのお陰ですかね、病気や怪我に敏感になり、満足に生活できることに感謝を擦るようになったのは。周りからは若干「神経質だね~」なんて言われてしまいますけどね。

風邪や花粉症なんていう軽いトラブルもできれば避けたいですね。それだけでも仕事に影響しますし、テンションも下がってしまいます。もう、病気や怪我をしない不死身な体が欲しい(笑)

サイボーグなんかもいいですねぇ。最近はその技術が大きく発展しているようで意外と夢物語ではなさそうですから。この間はサイボーグの義眼が発明されたってニュースを聞いたことがあります。凄いなぁ。その内人間の体まるまるサイボーグ体に移植なんてこともありえそうです。

This entry was posted in 毎日 by .