雨の日は憂鬱になりがちです

最近は雨が多くて困ります。3日連続雨ですよ。これじゃあ気持ちが晴れませんよ。空が晴れてないだけにね(笑)

実際に、空が晴れていないと気分が塞ぎがちになるっていうのは気のせいではないらしいですよ。いろいろ気候や湿度、明るさなんかの影響があり心に影響を与えてしまう模様。明るい部屋より、暗ーい部屋にいたら落ち込みがちになるのと似てるんじゃないかな。

私が雨の嫌いなところは、濡れるとか外に出られないとかではありません。上にもかいたように気が晴れないこと。これが嫌なのです。

別に傘をさせば濡れませんし、車に乗って移動していれば天気なんか関係ありません。出ようと思えば普通に外に出れるんです。ただ、気持ちがそうさせてくれないんですよね。「億劫だなぁ、ごろごろしてようかなぁ」って考えに至ってしまいます。

休みの日はとにかく外出したいんですよ、私は。家というのは、一般的な暮らしをしていれば、生活の拠点となり、一番多く滞在する場所じゃないですか。だからそこには一種の重力のようなものが存在しており、程よくその重みを感じることができれば心地よいのですが、度を過ぎると居心地が悪くなります。引きこもりになった気持ちになっちゃいます。

そんなことになったら面白くないですよ、人生。どんどん外に飛び出していかないと。私にとって家なんていうのは、休息する場所。それくらいにしか考えていません。だから、雨の日の休日に引きこもっているより、仕事に疲れ果てて帰ってくる方がよっぽど私は幸せです。

うーん、なんだか気持ちが高ぶってきました。外出して雨の中散歩して空気でも楽しんでこようかな? それともドライブかな? 喫茶店で雨景色を楽しみながら珈琲を飲むのも悪くありませんね。

This entry was posted in 毎日 by .