月別アーカイブ: 2012年5月

音楽を聴きながらリフレッシュウォーキング

新しいCDを購入したので、早速ウォークマンに転送。最近はウォークマンから聴くことが多いので、CDで聴くことはほとんどありません。CDで聴くのはクルマに乗るときくらいしかありません。車内のスピーカーだと圧縮デジタル音源だと聴こえが良くありませんから。イヤホンや室内の安いスピーカーから聴く分にはCDと圧縮音源の差は感じません。

購入したのは、欧州のケルト系音楽CD3枚。今はまったり清々しい音楽を聴くのに嵌っていて、ケルトのような音は凄く心地よく、特に気に入っています。疲れているからかな? 

乗りの良いロックやロカビリーからはちょっと距離をおいています。嫌いではありませんけどね、最近はノリノリのビートって気分とはちょっと違うので。

さて、新しいCDを購入すると私がいつも行なうのがウォーキング。イヤホンで新規の曲を聴きながら歩くのが楽しみの一つなんです。今回は3枚なので、約3時間ってとこですね。休日が楽しみです。

音楽ウォーキングをはじめたのは3年前のことです。当時私はストレスが原因で軽い病気を患ってしまいました。医者の先生から「ストレス解消になるようなことをはじめなさい」と言われたのが、音楽ウォーキングをはじめた切欠になりました。

あのころは毎日歩いていました。平日の仕事終わりも休日も。そのお陰でストレスはうまく解消されたようで、その後は病気になることはありませんでした。

元々音楽を聴くのは好きで自室でよく聴いていましたが、外の開放感あるなかで聴く方が全然気持ちが良いです。体を動かしながらというのも影響していると思います。部屋で聞いているときはじーっと座っているだけでしたからね。

今は忙しくて、新しいCDを購入した時くらいしか音楽ウォーキングができませんが、今でも私の大切なストレス発散方法として重宝しています。

母の使用している美顔機の効果

母が美顔器にこっています。友人たちが使用しているのにつられてはじめたのが約半年前。「まったく、影響されちゃって」と私は思っていたのですが、これが結構な美容効果を発揮して大活躍しているようでした。

この間会った時は、明らかに肌のたるみやつや、はりが改善されていて驚きました。美容器の性能を疑っていただけに驚きました。

使用している美顔器はたしか、超音波の力を利用した美顔器と言っていました。肌にジェル的なものを塗って、超音波振動を発生する機器を肌に当ててマッサージするそうです。それを続けるだけで美肌効果抜群。簡単なもんですね(機器は高かったみたいですけど)。

他にも何か美顔器を使用しているみたいなことを言っていましたが、そちらはあまり詳しく聞いていませんでした。

美顔器についてちょっと調べてみたところ、今は凄い性能を誇る美顔器がたくさんあるんですね。母が使用している超音波美顔器以外にも、イオンや電気信号、光エネルギーなんかを利用した美顔器まで。値段もお手ごろ価格のものも結構ありました。値段相応ということで、安いものはそれなりで、高い方が高性能だとは思いますが。

しかも、最近は男性用の美顔器まで普通にあるようですね。男性の無駄毛と同じように、美肌意識も高まっているんですね。ちょっぴり美顔器に興味が沸いてしまいました。

一番興味が沸いたのは、EMS機能をもつ美顔器。EMS機能といえば、電気信号を用いて筋肉をピクピク振動させるもの。一時期流行った腹筋トレーニング機器と同じ機能です。

発揮できる効果は腹筋と同じ。顔の表情筋に振動を与えることで、筋肉を鍛えて引き締め、たるみを改善しようというものです。

値段は1万円ちょっと。お手ごろなので買ってみようかな?

This entry was posted in 毎日 by .

震災でカナダに漂流したバイク

去年の地震による津波。たくさんの命が失われました。そしてたくさんの思いでも流されてしまいました。そして、流れに流れたある1台のバイクが、海外に流れ着いたそうです。

とあるカナダの海岸沿いで発見されたのは、コンテナ。そしてその中には1台の腐食したハーレーダビッドソン製バイクが入っていました。コンテナに最初から入っていたのか、偶然入り込んだのかは分かりませんが、そのお陰で海のそこにバイクが沈むことなく流れ着いたというわけです。

そしてバイクにはナンバープレートがしっかりと残っていたため、オーナーを無事見つけることができました。ただし、バイクはボロボロ。それに、日本に送り返すのにはお金がかかってしまいます。再びオーナーが乗ることは不可能に近い状況でした。

この知らせを受けたハーレーダビッドソン社はなんと、バイクを無償で修理し、オーナーの下に送ることを決めたそうです。さすがは天下のバイクメーカー、ハーレー。なんと懐が深い行動でしょう。

修理といっても、簡単に済むレベルでは無いでしょう。海水にさらされたパーツはサビ、エンジン内部に侵入していれば、パワーユニットも使い物にはなりません。修理にはフルレストアが必要となり、修理金額的には1台変えてしまうくらいになるかもしれません。ちなみにハーレー1台の値段は大体が200万円台です(モデルによって安いのもありますが)。

オーナーの方が失ったものが多く、今でもその悲しみの中にいるかもしれません。でも、そのうちの1つが手元に帰ってくるという奇跡は、大きな喜びと希望になることでしょう。

また、バイク以外にも、多数の漂流物が海外に流れ着いているようです。今回のバイクの事例にならって、持ち主が発覚したものは手元に戻してあげることができれば素晴らしいですね。

公園の遊具の危険性について

近所の公園のジャングルジム使用禁止になっていました。どうやら小さなお子さんが怪我をしてしまったようです。怪我といっても大げさなものではなく、ジャングルジムの中間辺りから落っこちて肘を擦りむいた程度のものですけどね。

まぁ、その些細な事故が原因となり、「以前にもこんなことがありました!」という声が多数上がったようで、ブランコまでついでに使用禁止になってしまっていました。

危険回避のための禁止は分かるんですが、「え~、なんで使えないの?」という子どもの声がたくさん漏れているのも事実。大人の考えも分かりますが、子どもの遊びたい気持ちも凄く分かります。

私の考えとしては、多少なりとも子どもは怪我をして成長していくものだと思っています。独り立ちするまでに身も心も無傷で育つことなんて絶対無理。仮にそんな子がいたとしても、怪我に対しても中傷にたいしても免疫力がとても低いことでしょう。

私が子どものころは、自分を含め友達もたくさん怪我をしましたよ。アスファルト上で転んで擦りむいたり、体育館で走り回って膝や肘を火傷したり。この火傷が地味に痛いんですよね。ワックスでつるつるの床の上で滑ったりすると摩擦熱で「キュ!」ってなっちゃうんです。これ、私の一番嫌な怪我の仕方の1つでした。

公園や学校の遊具でもたくさん怪我をしましたよ。地球ジャングルを思いっきり回して振り落とされたり、ブランコからのジャンプ失敗で背中やおなかから地面に落ちてしまったり。今思えば結構な無茶をしたもんです。

でも、子どもの体って大人に比べて軽いし柔軟性や俊敏性も半端ではないですからね。大人が思っているほど大きな怪我なんてしないんですよ。それに、怪我に対する危険性をしっかり親から学んでいれば、「これは危なすぎるな」って自己判断できるってもんです。

良い意味で、やはり子どもは怪我をして成長すべきでは?

勉強法を知ることが大切

勉強してるのに全然頭に入っていかない、ということが良くあると思います。この原因は大したことはありません。勉強の仕方が間違っているだけです。物覚えが悪いとかは、原因にはなりません。勉強の仕方が間違っていれば、無駄なことに時間を費やしているのと同じです。

コツは、完全に覚えるまで1つのことを繰り返し勉強することです。これは凄く時間がかかり手間なことなんですけども、効果は確実です。覚えたことも忘れにくいです。忘れなければまた勉強を繰り返す必要がなくなるので、効率も良いのです。

一度に大量の情報を頭に叩き込もうというのはいけません。人間の脳はそんなに素直にものを覚えてくれません。一度覚えたと感じても、数分後には思い出せないことがあるでしょう。それは、次々と情報を頭の中に入れていくものだから、脳が焦ってしまい、ちゃんと情報をしまう前に落っこどしてしまったみたいなもんなんですよ。

とにかく一つ一つ、的確に覚えていく。これが正しい勉強法です。見たもの、感じたものを全て記憶できるのは、一握りの超がつく天才です。真似したって無駄ですよ(笑)

この勉強法を私が教わったのは中学2年生の時、塾の先生からでした。これを知るまでは、ろくな成績じゃなかったんですけどね、勉強法を知って以降はぐんと成績が上がりました。

私の記憶では、小学校でも中学校でも、勉強の正しい仕方を教わった覚えがありませんでした。「これを覚えましょうね」「これがテストに出るよ」なんてアドバイスはあるんですが、厳密な勉強法を教えてくれたことは無い気がします。

勉強をする前に勉強法を考える。子どもにはなかなか難しいことかもしれませんが、一番大切なことじゃないかなと私は思います。

おなかが痛くて仕事をお休み

3日前のことなんですけど、深夜3時頃におなかが痛くて目が覚めてしまったんです。臓器が痛いというよりも、明らかにおなかを下している嫌な痛みで汗がだらだら。すぐさまトイレに直行して30分はこもってしまいました。

いやいや、汚い話でごめんなさいね(笑)

それで、トイレの後もおなかが「きゅるきゅる」鳴ってもよおしてしまい、トイレと自室の往復。もうめんどくさいんでトイレで寝てやろうかと思っちゃいましたよ。

原因はすぐに分かりました。前日の暴飲暴食。夕方5時くらいに早めの夕食として焼肉を食べた後、夜にフットサル。大量の汗をかいたのでスポーツドリンクをがぶ飲み。体を動かして小腹がすいたので中華料理のバイキングへ……

思い返してみると恐ろしいことをしていましたね。久しぶりに会う友人と遊んでいたので、つい調子に乗ってしまったんですよね。

で、日が昇ってもおなかの不具合は全然開放せず、結局、職場に仕事にいけないことを伝えて休むことにしました。

もうね、本当に気が引けましたよ。「おなかが痛いんで今日休みます」なんて学生時代にずる休みしたときしか言ったことありませんでしたからね。ちゃんと信じてもらえたか疑問でした(多分信じてもらえたと思う)。

普段私は「ちょっとした風邪くらいで休むなよなぁ~」と、内心ちょっぴり思っていたりするので、本当にごめんなさいという気持ちで一杯。でも、本当に全然動けないくらいおなかぴーぴーだったんですから、しょうがないですよね……

仕事を休んで1日横になっていたらその日の夜にはすっかり元気になっていました。ほんの少し、「もしかしたらやばい病気?」と思ったりもしたんですが、そんなこと全然ありませんでした。

原因はやっぱり暴飲暴食(笑)

冷蔵庫のにおいに悪戦苦闘

自室に小さな冷蔵庫を置いていて、ちょっとしたペットボトル飲料水をしまったりして利用しています。容量は、2リットルのペットボトル4本分くらいしかありませんが、サブ目的の冷蔵庫なので、まぁ十分です。

この冷蔵庫に2日前、口の空いた紙パック使用の清涼飲料水をはじめて入れたんですが、それが大失敗。あいた口から飲み物の匂いが漂って、冷蔵庫内に匂いをつけてしまったんです。

しまっていたのはアセロラと野菜ジュース。もう冷蔵庫内は、アセロラの酸っぱい匂いと野菜ジュースの生臭い、気持ち悪い匂いでいっぱいいっぱい。こんな強烈な匂いがすぐについてしまうとは思いませんでした。スペースが狭いからすぐに染み付いてしまったんでしょうかね。

冷蔵庫の電源を切り、清掃して蓋を開放して放置しておいたお陰で今は何とか匂いを消すことができました。これからは紙パックものは厳禁ですね。

本当はペットボトルより紙パック商品を買いたいんですよね。そちらの方が安いですし、ゴミ処理も楽ですからね。それにエコでもあります。「地球に優しい紙パック商品を買うんだ!」って気持ちで買ったら、冷蔵庫臭にって感じです。

冷蔵庫の匂いは本当に苦手です。だから氷も買ってきたものしか使いたくありません。製造来ないで作った氷は冷蔵庫臭が凄いですから。冷蔵庫の味がします(笑)

でも、私以外の家族は全然冷蔵庫の匂いを気にしないんですよね。なので、私の気持ちをあまり理解してくれません。私の鼻が敏感なのか、それとも家族が敏感じゃなさすぎるのか。

冷蔵庫に消臭剤を入れる手もあるんですが、容量スペースが減ってしまいます。それに、本当に効果があるのか、ちょっと懐疑的です。いい機会だから実験的な意味で消臭剤を試してみようかな……

This entry was posted in 毎日 by .

パイロットを目指すユアン・マクレガー

俳優業は、色々なことに興味が持てる人間で無ければ成功しないともいいます。役になりきるということは全く別の誰かになること。医者の役であれば医者の、ボクサーの役であればボクサーの知識や心が必要になります。そうやって役作りをしていることでしょう。

そんな職業柄なのかは分かりませんが、中には好奇心旺盛すぎてとんでもないことに挑戦をしてしまう俳優もいるようです。

スターウォーズ新3部作のオビ・ワン役で有名な俳優、ユアン・マクレガー。彼はパイロットになりたいという願望を持っており、免許取得に興味を沸かせているそうです。その理由は、「子どもの送り迎えを飛行機でやるとカッコイイだろ!」とのこと。

一見ジョークに聞こえる話でもあるんですが、彼の場合は本当にやりかねません。というのも、彼は以前、「バイクで旅をしたい!」と言い、それを実行してしまったからです。

ユアンのバイクの旅は、2004年にはじまりました。友人と共にイギリスのロンドンを出発し、カザフスタン、モンゴル、シベリア、カナダを経由してニューヨークへ。旅に費やしたのは115日間! 距離はなんと2万マイル!

彼はスターウォーズに出演するようなトップスター。それが1年の3分の1も費やすほどの旅に、しかもバイクで出るなんて普通は考えられないことです。

さらに、2007年には再びバイクの旅に舞い戻り、またまた友人と共にアフリカ大陸横断に達成しています。

どちらの旅もドキュメンタリー番組としてイギリスのBBCで放送され、DVD化しています。彼のファンやバイクが好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

基本的にユアンは乗り物が好きなようです。以前はバイクに興味が向いていたので旅に、そして今回は飛行機に興味の矛先が向いたのでパイロットになろうと思ったのでしょう。まるで子どものような発想ですね(笑)

無駄毛の自己処理はやっぱり駄目なのかな?

すね毛が邪魔なのでいつも電気バリカンで短くしているんですけど、処理後はチクチクしてしまいます。これはこれでまた邪魔に感じてしまうんですよね。

カミソリで剃るっていう方法もあるんですが、毛穴を刺激してより剛毛な毛にしやすくしてしまいます。産毛は特に刺激を受けやすいそうで、女性の方は逆に、太い毛の処理よりも産毛の方が困るって声をまわりから聞いたことがあります。

しかも、カミソリは少なからず肌を傷つけてしまいます。私はとくに大雑把な正確なもんですから、以前カミソリでささっと処理した際は肌がピリピリして痛かったです。逆剃りしたのも原因だったと思います。

カミソリが駄目なら毛抜き。でも、1本1本すね毛を抜くなんてちまちましすぎて絶対無理(笑) 電動式で大量に抜く機器もあるみたいだけど、結構痛いし毛穴を痛めるらしいので抵抗があります。

他はというと、脱毛クリームとか脱毛ワックスとかかな。でも、肌に薬品はあまり使いたくないのでクリームは却下。ワックスも結局、毛を引き抜くの行為なので却下。

無駄毛の自己処理って簡単にすぐにできますけど、どれもリスクがあるんですよね。まぁ、簡単でノーリスクだったらみんなやってるってるか。

やはり脱毛器や脱毛エステ…… しかし、どっちも軽い気持ちでできるような金額じゃありません。しかも長期間使用しないと脱毛効果は期待できませんし、体質によっては効果が無いなんて話もあります。

無料体験や割引サービスをもらった脱毛エステに通ってみようかと思ったこともあるんですけどね、お店の前まで行って、結局恥ずかしくなって帰ってしまったことがあります。小心者の私め。

となると、無難にバリカンで定期的に処理するのが一番なのかな。無駄毛を全く気にしない人が羨ましいです。無駄毛がない人はもっと羨ましいです(笑)

This entry was posted in 毎日 by .

農家は田植えで大変そうです

1年っていうのは本当にあっという間ですね。つい最近新年と思ったら春が来てゴールデンウィークで浮かれ、気がついたら夏をエンジョイ。でもって、あっという間に涼しくなって冬が訪れ大晦日で除夜の鐘ってもんです(笑)

子どものころはもっと時間がゆるやかに流れていた気がするんですけどね。大人になるとどうしてこんなにも早く感じてしまうのか。不思議なもんです。

一説には、脳の働きがそうさせるとかなんとかで、子どもの時間と大人の時間の感じ方の違いは科学的に証明されているというのを聞いたことがあります。本当かどうか分かりませんけどね。

でも、毎年同じことばかり忙しく繰り返して新しい刺激の無い生活を送っていると、時間が過ぎるのを早く感じてしまうのは確かのようです。

友人の中に、実家で働く自営業の人がいるんですけどね、副業で農業もやっているんですよ。主に田んぼが中心で、ゴールデンウィークの時期になったら田植え。で、夏が過ぎた頃に稲刈り。このサイクルを毎年繰り返すようになってから1年の長さが学生の頃の半分くらいに感じてしまっていると友人はいっています。

この間その友人と合ったのですが、田植えは腰にこたえるからしんどいと愚痴をもらしていました。歳を早く取る気がするもの嫌だといっていましたね。

本当に農業は大変な仕事だと思いますよ。こういった農家の知り合いがいて、生の苦労話を聞いていると食べる野菜やお米にもありがたみが増すってもんですよ。込めの一粒一粒、野菜の葉っぱ一枚まで、精魂込めて作ったんだなと思えば、食べ残すなんて申し訳なくてできません。

私は毎年その友人からお米を買って食べているんですが、友人の苦労も知ってるお陰で、これがまたうまいんですよ! 私にとってはどんな有名なブランド米よりも友人の米が一番好きです。

This entry was posted in 毎日 by .